季節のイベント

バレンタイン 職場への義理チョコは必要? 予算や渡すタイミングは?

目安時間 7分

こんにちは、会社員、お局さんの南帆です。

もうすぐ、バレンタインデーですね。

会社員の女性はそろそろ、考えてるのかな?

職場の男性の方々へあげなきゃいけないかなって。

スポンサーリンク

バレンタイン 職場への義理チョコは必要?

ま~~、迷うところではありますよね。

職場の課の規模、男性の数対女性の数、雰囲気などなど・・・・。

考えすぎると考えすぎて疲れてしまいますが・・・。

男女の比率によっては、お金もかかってしまうしね。

女性が少なく、男性が多い職場などでは

女性に金銭的な負担がかかる、

逆だと男性側がお返しに悩んでしまう、っていうのもあるしね。

まあ例として

女性でそこの職場に来たばかりの若い方々、

正直、私、パートだし、そんなにお給料もらってないから、

苦痛なんだけどさ~~~なんて本音も聞こえてきそうですよね。

男性だったらその奥様から、

まったく、私がお返し買いに行かなきゃならない、負担だわ~~なんて。

まあ、

例えばそういうことで過去にトラブルが起こったりして、

バレンタインチョコレート禁止令、が

出ている会社もちらほらあるようです。

そういう職場であれば、あれこれ悩む必要もないですが・・・。

会社に入ったばかりのあなたの場合は。

まず職場に何人か先輩女性がいる場合は、

まず毎年どうしているのか、聞いてみることでしょうね。

”この会社はバレンタインデーとかに、なんかするんでしょうか?” って。

そんな感じで。

そしてその時に、

”この職場は、そういうのは辞めてるよ”

って言われた場合は。

そかそか、お金使わなくていいから、ラッキー!

くらいに思って、

”いやいや、それでも自分だけはやりたいからやるんだ!”

っていうのはやめといたほうがいいんじゃないかなと思いますね。

上司や先輩の判断で廃止になっている(ほぼ規則みたいに)

ことが多いですから。

年賀状とかも廃止になっている会社もあると聞きます。

ただ、本命の人とかいる場合、コッソリやるのはありかなとは思いますが(笑)

先輩社員などに聞いて、いつもこうしてるよ、というのがあれば、

従えばいいんじゃないかなと思います。

よっぽど華やかな業界でない限りは

一人一人の負担が異常に多いってことはないでしょう。

気の利いた会社なら

立場によって金額を考えてくれたりするのではないでしょうかね。

誰かが代表で買いに行って、

あとで金額を割ったりするのが一般的のような気がします。

その職場に女性があなた一人だったら。

ご自身で判断は可能かと思いますが、

毎年のことを考えると、最初からハードルを上げてしまうのは大変ですので、

スポンサーリンク

例えば、

大袋に一つ一つ包装して入っているチョコレートのお菓子を買って

二つずつくらい配って、

”今日はバレンタインですので、チョコレートのおやつをどうぞ~~~”

なんてやってみると

それで全然OKなのではと思いますよ。

バレンタイン 職場への義理チョコの予算は? あげるタイミングは

え~と、

前述したみたいに、基本、先輩社員がいる場合は。

郷に入れば郷に従え、にしとけばいいです。

金銭的に負担という場合は、

金額を言われた段階でよ~く相談してみてくださいね。

例えば

会社に入社したばかりであるとか、

勤務形態が違う場合などは

無理をする必要はありませんので、

相談第一! と思います。

私は一人一人の負担は

もしあげるのだとしたら、

上限で1000円くらいまでにするべきではないかと思います。

義務ではないですし、それ以上は誰にとっても負担になるのではないでしょうか。

そして渡すタイミング!!

まあ、平均的ですが、朝出社してすぐがよいでしょう。

一人ひとりの個別包装で袋などに入れている場合は、

朝机の上にのっている、っていうのがいいですね。

皆さん日中になると忙しくなってしまいますので。

一人一人に声をかけて渡す必要はないです!

仕事しに来てるんですから、手紙とかも入れる必要はなし!

大袋で中身を配るのであれば、お茶菓子と同じように、

10時や3時にさささっと配る! 

これでよいでしょう。

まとめ

結局、渡すの、渡さないの?

まあ、男性は思ったよりロマンチストのようです。

例え義理だとわかっていても、

小さいパッケージだとしても

特別にその日に自分のために何かを用意してくれた、という事実は

何にも増して嬉しいようですよ。

ですので、そう、

年に一回ですしね。

例えば旅に出かけて美味しそうなお土産を買ってきたりするのと一緒で、

いつもお世話になっている人たちであれば、

コミュニケーションの一環で渡すのもありかもしれませんね。

ただ別にあげなかったからといって、

評価にかかわるわけではないんだし、

その日前後にわやわやしたって、

その日が過ぎてしまえばどうってことはなくなるし。

考えすぎる必要はやっぱりないのです。

まずその職場で普段どうしているかを聞いて、

恒例行事になっているなら、相談しながらそこに参加。

やっていないなら特になし。

自分だけだったら大袋か、値段の張らない個別のものを

大袋だったら10時か3時のお茶タイムに。

個別のパッケージなら朝一に。

そんな感じがよいのではないかと思います。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
バレエに関する記事が多めです。
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。