バレエ

バレエを大人の初心者が始めたい場合 お教室探しのヒント

目安時間 8分

こんにちは南帆です。

バレエを大人で全くの初心者が始めたい場合、

お教室はどうやって探したらいいのでしょうか?

何となく敷居が高くて、どうしたらよいかわからない・・・

さて、そんな場合は、以下をヒントにしてみてくださいね。

スポンサーリンク

住んでいる近所にないか探してみよう

今現在住んでいるところの近くにお教室がないかあたってみましょう。

当たり方としては、

はいもちろんインターネットを使って!

バレエ 〇〇市 などと入れて

検索してみてください。

例えば神奈川県のバレエ教室を探す場合、こんな感じのサイトも

ありますね。

神奈川県のバレエ教室

これでまず、自分の住んでいるところの近くに

バレエ教室があるか探すことができますね。

自分の家の近くで探すということはもちろん通いやすさです。

電車を乗り継いで・・・などとなりますと、

面倒になってしまうこともあるかもしれません。

私がバレエを再開してみようかな、と決意できたのも、

近くにお教室ができて、チラシが入っていたからでした。

お勤めをしていらっしゃる方の場合、職場に近い、というのも

ありかもしれませんが、

お休みの日にレッスンがあった場合も苦にならず通えるところが

いいですね。

インターネットでなければ、電話帳などで調べてみてもいいですが、

できればネットにサイトを持っているお教室の方が、

雰囲気などが伝わってきてよいと思います。

そのほか、お稽古ごと雑誌、例えば”ケイコとマナブ” などに

出ている場合もありますが、スポーツクラブやカルチャーセンターなどの

比較的大きいオープンクラスが多いと思います。

以下バレエ教室のタイプをあげてみます。
 

バレエ教室の種類

通いやすさで

いくつか候補が絞れましたでしょうか?

バレエ教室はだいたい、以下のようにカテゴリー分けができます。

それぞれのメリット、デメリットもあげてみました。

個人のバレエ教室

〇〇子バレエスタジオ、などというように

先生が個人的に教えているバレエ教室です。

バレリーナを引退して教えに徹している先生、まだ現役の先生など

教えている先生の肩書は様々。

年配の先生だと、育てた教え子の先生がメインで教えている場合も

ありますね。

昔は子供の育成を主にしていましたが、最近は

大人のためのクラスを設けていることが殆どです。

個人のバレエ教室のメリットは、

先生が個人の名前を憶えて下さり、ファミリー的な雰囲気で

教えてくださることですね。

逆にデメリットとしては、

お教室の規模にもよりますが、子供の育成に力を入れていて、

大人の方のクラスが多くないことでしょうか。

大人の方でもバレエ歴が長い方、子供のころ習っていた方など

レベルはさまざまですが、

”大人クラス” ”シニアクラス” などと、大人は全部一つのクラスに

なっていたりすると、一からの方が加わると最初は厳しいものが

あるかもしれません。

丁寧に基礎から教えてもらうため、確認が必要です。

”自分にあったレベルのクラスがあるか” です。

バレエは見様見真似でできる人の動きをみてはできないので(汗)

スポンサーリンク

そこは電話をしたり、ホームページからメッセージを送ることが

できれば、送って問い合わせをしましょう。

ご自身のレベルを伝えてくださいね。

(まったくの初心者、小さいころ少しやっていた、など)

そしてほとんどのお教室で、見学や体験クラスを設けていますので

(初回無料、もしくは1000円程度)

まったくの初心者であれば、見学を申し込んでみましょう。

* 発表会を観よう

個人のお教室ですと、年1回くらいの頻度で ”発表会” があります。

そのお教室の真価発揮!というところです。

そのお教室によって、大人が参加できるかどうか、の方向性が

結構みえたりしますので、

実はお教室を決めるときはそのお教室の発表会を観ろ、とも

言われるんですよ。

いや、そこまでは!とか絶対発表会は嫌!という方もいるかと思いますが、

始めてみると、ぜ~~~ったい、欲が出てくることもありますし、

そんな時に

大人は出演させない、という方針のお教室だったら

それはそれで辛いですので、そこはリサーチをきちんとして、

是非是非、発表会は観ることをお勧めいたします。

大人が綺麗に出演させてもらって、輝いているか???

それが伝わってくるような舞台であれば

自分が発表会に出なかったとしても、いいお教室だと判断する

材料になるでしょう。

(殆どのお教室では大人は自由参加、となっていると思います。)

カルチャーセンターやスポーツクラブタイプ

最近はスポーツクラブやカルチャーセンターで

ヨガやジャズダンスなどのカテゴリーに交じって

バレエ教室が設立されていたりします。

こちらのクラスはフロアなども広く、更衣室なども整備されて

いることが多いです。

オープンクラスがほとんどで、参加する人はチケットを購入したり、

1回いくら、のシステムで都合により参加したり、参加しなかったりが

可能です。

メリットとしてはその気軽さと、レベル分けがきちっとされている

ことが多いので、自分に合ったクラスが選びやすいところでしょうか。

大人のクラスの中でも

入門クラス

初心者クラス

中級者クラス

上級者クラス

と分かれているところが多いんですね。

デメリットとしては、

一クラスにかなり多くの人が参加するので、

個人的に注意がもらえたりすることはまれなところですかね。

そして、発表会、というものは基本的にはありません。

来たいレベルのレッスンに来たいときに来てお稽古する、

そんな手軽さ、といいますか、それがウリです。

まとめ

通いやすさを一番にして、いくつかお教室をピックアップして、

コンタクトしてご自身の希望やレベルをはっきり伝えましょう。

発表会が近日中にあれば、是非、観に行きましょう。

殆どの発表会は無料です。

お教室のタイプはさまざまなので、

見学や体験も是非、して、そしてこれが結構大事なのですが、

クラスのレベルもそうですが、他にも、

お稽古場の広さや、なによりも

そのお教室の雰囲気も感じ取ってみてください。

そして、

そのお教室の空気感、自分にあうかどうか、

入りやすいと思うかどうかの直感、

女性のカンは正しいので

そう、相性、周波数が合いそうかどうかも感じてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
バレエに関する記事が多めです。
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。