転勤とお引っ越し

遠隔地へ転勤を言い渡される。さてどうする?

目安時間 6分

私は会社員。(女性(^^♪)

 

ごく普通の会社の、普通にこき使われている??お局さんです。

近々、

顧客がとある土地に移転するために、我が会社の各部門の担当者もこぞって移動することになりました。

私達はその顧客の資産に直接に作業をすることになるために、遠隔というわけにはいかず、近くに控えている必要があるのです。

各部門から移転計画を進めていくためのメンバーが選出され、私も計画部門に入りました。

今年の1月から線表を引き、お客さんの敷地の中に事務所を構える事になったため、顧客側とのすり合わせにも心を砕き、スケジュールは押しに押したりして、後3か月となったとある蒸し暑い日・・・・。

 

“営業、生産管理担当として、現地へ赴任してください”

 

とのお達し・・・・・。(@_@)

 

え???

 

一瞬、絶句。 はぁ。。。?

 

“ちょっと考えさせてください” と 言いました。。。

だって、考えますよねぇ・・・・。

女の子ですよ・・・・

いや、正確にいうと、おんなの子 じゃないけど。(;一_一)

今住んでいるのは、関東地方。

移ろうとしているのは、遠く離れた、九州。

同じ日本国内ではあるけれど、飛行機で約羽田から2時間半、だけれど。

 

ここで私の現在の身の上をご紹介♪

 

女性、人生半世紀生きてます。 

自分ではごく普通の、虫がいたら、わあわあ言って騒ぐような、でも家の中が汚いのは嫌いだけど、どうも散らかってしまって、それでも疲れてたら見逃して寝てしまうような、

そんなタイプです。

どんなタイプやねん。

1人息子を育てるために、結構髪振り乱してここまで来てしまった。

寂しい思いも、悲しい思いもさせたと思います。

 

優しい子で、文句は言わなかったけれど、

中学、高校はいろいろありました。。。

世のみなさん、子育ては大変ですねっ!!

て話は脱線してしまいますので、元に戻します。

少し考えたけれど、心はわりとすんなり、決まりました。

行きましょう。

 

おかげさまで、両親は年老いてはおりますが、元気にしています。

スポンサーリンク

息子は・・・。 成人し、社会人になり、扶養の義務はありません。

私自身は、健康状態はまあ、年相応にいろいろありますが、

特に今すぐどうこうという、メジャーな疾病はありません。

女性特有の病気を持っていますが、赴任先に女性が住んでいれば!?

病院はあるでしょう。

 

親、息子に聞いたところ、まあ、よいんでないの、と・・・。

息子は成人しているとはいえ、母一人、子一人の経緯がありますから、

その辺りは時間をかけて、話をしました。

行く先は、とっても、いい言い方をすればカントリーサイド。

悪く言えば、何もない・・・・。

私が今住んでいる所は、

歩けばすぐ駅に着け、電車の便もよく、車がなくても

都心、横浜、鎌倉等、魅力的な街へもすぐ行けます。

 

今度行こうとしている所は、

勤務地は駅から遠くもないけど、バスの通りもなく、

結果的に車が必須。

近くの大きい都市へはローカル線で一時間。

住んでいる方々には申し訳ないですが、

ちと、不便で、お店とか、あんまり、ない。

 

でも、まあそこで考えたんですね。

 

何か新しいことを始めてみるって、面白そう。

 

行き先がつまんないとか、そう言う事じゃ、ない。

つまんないところで、探検してみるのも

さらに面白そうじゃないかな?!

しかも、

仕事の内容は全く経験のない実務ではないので。

一人で、一から始める事でもありませんし。

 

聞いてみると、他に行くメンバーは頼れそうな人が多くて、

安心できそう。総勢、25名ほどです。

 

上司にお話をしました。

 

“行きますので、宜しくお願いします”

私は恵まれている方かもしれないです。

親も元気、息子も成人、そして、旦那がいない!!(う!)

 

だから迷いも少なかったかもしれない。

でも、自分にとって未開の地に、単身で(家族が一緒でなく)

乗り込むなぞ、

結婚の時以来だ・・・・。

さて、さて、

 

どのように進んでいくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
バレエに関する記事が多めです。
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。