Kバレエカンパニー

Kバレエカンパニー 退団された方々 2017-2018年シーズン終了

目安時間 9分

こんにちは南帆です。

今年も恒例、昨日8月31日、

Kバレエカンパニーのダンサー、

その他スタッフの方々の人事異動が

オフィシャルホームページにて

発表されました。

スポンサーリンク

 

Kバレエは、

9月1日 - 8月31日迄の一年で

1シーズンが終了します。

ですので、ダンサーの皆さんも、

この一年ごとに契約を更新するんですね。

ですので、

ファンとしては、この期の切り替え時、

ちょっとドキドキしてしまうのであります。

そう、発表されました、
 
 

と言いたいところなのですが!

今年はホームページ自体が

大幅にリニューアルされ、
 

”今シーズンはこちらの新メンバーでやります”

いっしょくた

9月以降の人事がトータルリニューアルの紹介方法になっており、

いつものような、

”退団” ”入団” ダンサーのお名前披露

がありませんでした。。。。

新しい人事異動はわかったけれど、

これじゃ、あれ? あのダンサーさん、

どうしちゃったんだろ? って思いますよね。
 
 
私、

Kバレエは大好きですけど、

これは、大いに不満です!!

確かに階級は上の方の方ではなかったにせよ、

好きなダンサーさんいましたし!
 

Kバレエ 退団された方々 2018

 
こうなれば、私が言っちゃうわ。

飯田朝世 さん。

加瀬愛実 さん。

岩淵もも さん。

井平麻美 さん、

國友千永 さん、

田中 勇人 さん、

湊 まり恵 さん、

篠宮 佑一 さん。
 
 

ダンサーさんは、以上かな? 誰も

漏れてないよね?
 
 

篠宮佑一さん、Kバレエを退団だけどバレエジェンツは続ける

 
 
これはびっくりしましたね~~!!

先日 私、Kバレエカンパニーの若き男性ダンサー

5人組、として、この

バレエジェンツ

をご紹介したわけなんですけど、

一応、Kバレエカンパニーに属したユニットなのに、

Kバレエカンパニーを退団した後も

続けていけるというのはどんな契約になってんのかな?

(下世話ですね~~~(汗))

あまり、聞いたことがない形ですね。
 

バレエ団によくあるのは、

例えば引退等をしたのちに、時々客演するために、

名前だけ残しておいて、

名誉ダンサー、みたいになっていることとかは

あるけど、

今回はバレエ団は退団ですから、10月に決まっていた

ロミオとジュリエットの配役においては

”キャスト変更” になって役を降りているわけです。

熊川さんのお考えはよくわからないけど、

前テレビでおっしゃっていたのは、
 
 
”よほどメジャーになって、マスコミとかに

とり上げられるダンサーでなければ、

才能があっても、個々のバレエダンサーに

スポットがあたることはとても難しい。

だからこのKバレエ出身のユニットをこうして

作ることによって、

個々の才能あるダンサーにスポットが

あたってほしい。

それが彼らの為にもなるし、

後々にはカンパニーの為にもなることだから”
 
 
ということ。

”バレエジェンツとして単独でどんどん公演をすることで、

Kバレエの宣伝効果にもつながってほしい”

ととれたのですが。

 
 

まあ、そこのところは

熊川さんの、いろいろなお考えがあるのでしょう。(笑)
 
 

スポンサーリンク

篠宮君はバレエダンサーでは居続けるけど、

他の、違う道へも進んでいきたいそうです。

いずれにしても、

若くて将来への可能性は無限大!!!

頑張っていただきたいものですね(^^♪

バレエジェンツは今のところ、

ユニットとしての公演が12月に控えています。

篠宮さんも出演されます。

Ballet Gents in TOKYO 2018
 
 

Kバレエを退団された他のダンサーの方々について

 
他に退団された方の中では、

湊 まり恵さん、

彼女は昨シーズンはバレエ団のバレエミストレスを

勤められたソリストの方で、

小柄ですが、素晴らしく表現力のあるかたです。

Kバレエの作品では

”カルメン” の娼婦役

”海賊” の乞食役

”シンデレラ” の意地悪な妹役

”くるみ割り人形から、中国人形”

等、特徴のある役がとても印象に残っています。

白鳥の湖のでは彼女を中心とした

フォーメーションで、他の白鳥さんたちを

引っ張って、素晴らしい群舞を魅せて

いただきました。

(群舞は、難しいのですよ~~)

小粒でピリッと、という方だったのですが、

退団されてしまい、とても残念・・・。
 
 
飯田さん、加瀬さん、岩淵さん、井平さん、國友さん。

岩淵さんは、シンデレラの姉役が

すごくコミカルで面白く、

國友さんは

すらっとしたすごい美人で

眠れる森の美女の妖精役、

海賊の奴隷の役、

くるみのスパニッシュ、

バヤデールの太鼓の踊りなど、

弾ける役から綺麗なおしとやかな役まで!

好きでしたね (涙)

井平さん、加瀬さんはやはり小柄なんですが、

4羽の白鳥や、

ドン・キホーテのキューピッド、

群舞の中にいてもとても美しく、存在感が

ありましたね。

そして飯田さん。

彼女は、前に前に出ていく感じでは

ないんだけれど、

とっても身体のラインと脚が美しい人で、

群舞の中でも目を引く人でした。

バレエジェンツの公演に

ジェンツガールズとして出演したときは

コケティッシュで、彼女ならではの

プロフェッショナルな踊りプラス、

ユーモアあふれるズッコケた表現とか、

もう、心から笑える、楽しい人。
 
 
バレエ団公演では

もう皆さんお目にかかれないと思うと、

とても悲しいです!

でも、

もし彼女たちがまだバレエを続けていくのであれば、

どこかでまた、踊りを拝見することが

あると思いますので、

私は常にアンテナを張っていたいと

思います。

 
 

まとめ

 
えー、まとめちゃいますけどーーー、

日本には星の数ほど

バレエダンサー、いらっしゃいます。

個々のダンサー一人一人にスポットがあたるのが

難しいのであれば、
 

バレエ団を盛り上げてくれた

ご自身が選ばれたダンサーの皆さんには

労いの言葉をもって、

せめて退団のダンサー、のお名前を書いて、

見送ってほしかったなあと思うのです。

稀有な才能を持った方々ですから。
 

私はなりたくてもなれなかったですから。

← 関係ない!(笑)
 

そして皆さんの前途が輝かしいものであることを

お祈りしております次第でございます。

 

 
お役に立てたでしょうか? 立ったなあと思ったゆ~、押しちゃいなよ ↓
 

バレエランキング

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
バレエに関する記事が多めです。
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。