Kバレエカンパニー

Kバレエ くるみ割り人形 2018 感想

目安時間 8分

こんばんは。バレエ好きな南帆です。

”Kバレエ くるみ割り人形 2018" の最終日に

矢内千夏さんのプリンシパル昇格が発表され、

舞台の感想を書きかけて途中になっていたので、

完結させてみることにします (^^♪

スポンサーリンク

 
舞台装置、お衣装、

ん~~、 ちょっとくどい 

素敵な夢の国でありました(^^♪

Kバレエ創立 20周年ということで、

赤坂サカスから、ホームグランドの渋谷、オーチャードホールへ。

今回は、新鋭のペア、矢内千夏さん、堀内將平さんの回を

拝見しました。
 

赤坂サカスの時は、小さな会場で、音も録音。

そして今回は、オーケストラ付き、とのことでしたが・・・・。

生のオーケストラの音、にすごくこだわるなら、

勿論そうですが、そして、普段なら、それもいいと思いますが。

こだわって言うなら、

赤坂サカスの時は、くるみ割り人形をクララから取り上げるために

出てきた2匹のネズミが、

会場から登場して、舞台に上る、っていう演出があったんですよ!
 

それがですね、

前にオーケストラピットがありますから、

それがかなわずに、

普通に2匹とも舞台袖から出てきたんです。

くるみ割り人形って、”クラシックバレエ” ではあるけれど、

子供も観るクリスマスファンタジーなわけだし、

小さい会場ともあいまって、そっちがある方がよかったな(^^♪

なんか、一体感が増すっていうか。

 

だって、私、今回横13番で、真ん中ブロックの一番端っこ。

最初、

”あ!!!ネズミさんがとおる!!!” って

大喜びしちゃったんですよね(^^♪

 
でも、すぐはた、と気が付いて。

オーケストラ、あるもん、ネズミ、舞台行けないじゃん、って。 (笑)

 
まあ、それはおいといて、

一幕のクララのお家のクリスマスパーティのシーンでは、

堀内さん、矢内さんは出てきません。

もう一人の主役、クララは、私が今回拝見したいと

思っていた、大歳千弘さんでした。

スタイルがとてもいい彼女。

初めてのクララだったからでしょうか? 少し力が入っていたかな?

キュートなんだけど、

なんか、もう少し余韻が欲しかったというか、

う~~ん、若さが前に出てきてた感じ。

勿論クララは若いからいいんだけど、

クルミ、のクララは普通の無邪気なお嬢さんではなくて、

+、彼女が少し成長したところを観たいというか。

 
そして、

テクニックと存在感の見せ所、精鋭の若いダンサーがアサインされる

雪の王と女王、

なんと、寸前になり、私が今回お初で観たいと思っていた、

奥田さんと大井田さん、キャストチェンジ。

 
(一番下に、キャスト変更のお知らせ、があります)

 
Kバレエは芸術性に非常にシビアです。

熊川さんが以前おっしゃっていたのは、

 
”納得できないなら、舞台には乗せない”
 
非常に厳しいお言葉・・・・。

芸術性、と今回コメントはなかったですが。。。

スポンサーリンク

怪我や病気であれば、その旨、発表されますので、

Kバレエファンは暗黙の了解と捉えていると思います。

いや~~、お二方とも、

素晴らしいダンサーですよ。

奥田さんのテクニックを今回、楽しみにしていたのになあ・・・。

でも!

そのようにキャストチェンジがあっても、

後々バリバリ出世されている、ダンサーの方もいますから!!

頑張っていただきたいですね(^^♪

 
おっと、雪の国つながりですが、

このシーンの最後の方に、

人間の声でコーラスが入る音源があるんですけど、

今回、オーケストラの生演奏において、

その部分、はいってなかったなと・・・・。

昔ヨーロッパの舞台では、

全てその部分は人間のコーラス隊を用意してたそうですが、

まあ、そこまでは難しいにしても、

何かしらの音源でコーラスを厚く加えておいた方が、

もっと雰囲気が盛り上がったのになとちょっと残念でした。

 

矢内千夏さんのマリー姫と堀内將平さんの王子

 
くるみ割り人形として、最初は仮面をつけて登場する王子。

堀内さん、テクニックとか、パートナリングとか素晴らしいバレエダンサーで

いらっしゃるんですけども、

う~~ん、ちょっと王子様としては、どうかなあ???

という雰囲気が一瞬ただよいましたが、

やはり、見事に観客を引き付けてくださったのは

マリー姫とのパドドゥですね。

矢内さんはいつもの通り、

テクニックと、雰囲気をマリー姫として

醸し出していたのでした。

あっぱれ、でした。

ステキでした(^^♪

この写真載せたら、Kバレエの方に怒られちゃうかしら。

熊川さんと一緒に。

プリンシパル昇格を言われた後(^^♪
 

 
 

まとめ

 
オーチャードホールへ移ったことで、

舞台装置と演出が多少は変わっていましたが、

え~~!って驚く程のものではなかったです。

逆に、

赤坂の方が上記に書いた演出とかで、

観客がより、舞台に入り込めたような、気がします。

まあ、個人的な感想ですけど。
 

Kのネズミの衣装は

とてもリアリティがあって、

マウスキングにおいては、ほんとにドブネズミみたいで、

舞台の一番最後には

オーチャードホールでも楽しめる、

ネズミたちのちょっとした演出もあるんですよ。

これは可愛い!

 

やっぱり、12月にはこれを観ないと、

年は越せないな~~~~という

1バレエファンの感想でありました。

矢内さん、来年も頑張ってください!

 

来年まであと一年しかありませんから、クルミの予習は今から! それより次はなんだ・・・ぽち。
↓  ↓  ↓  ↓


バレエランキング

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
バレエに関する記事が多めです。
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
最近のコメント
メタ情報
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。